流系の科学 : 山・川・海を貫く水の振る舞い

宇野木早苗 著

大気から山地に降った雨が森・川を経由して大海に消えていく、太陽系唯一と考えられる水系全体の姿-物理過程を中心に、その概要を描いた日本で初めての一冊。水系と社会との関わりにもスポットをあて、今後の河川改変のあり方への指針も示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 水の惑星
  • 降水
  • 森林山地からの水の流出
  • 水路の流れと波
  • 平地を流れる川
  • 洪水
  • 川の流れの作用
  • 川の変遷
  • 日本の川と世界の川
  • 河川感潮域の海洋波動と流動
  • 河川感潮域における循環・混合・堆積
  • 海へ流出した河川水の挙動
  • 内湾・沿岸の流系
  • 緑海における大河の影響
  • 大洋における海水の循環
  • 水系と社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 流系の科学 : 山・川・海を貫く水の振る舞い
著作者等 宇野木 早苗
書名ヨミ リュウケイ ノ カガク : ヤマ カワ ウミ オ ツラヌク ミズ ノ フルマイ
出版元 築地書館
刊行年月 2010.9
ページ数 364p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8067-1403-3
NCID BB03300952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21817189
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想