インフレーション宇宙論 : ビッグバンの前に何が起こったのか

佐藤勝彦 著

宇宙は火の玉から始まったとするビッグバン理論では、特異点すなわち「神の一撃」を認めざるをえない。物理学の言葉だけで宇宙創生を記述したい、という著者の願いがインフレーション理論を生み、現在では宇宙創生の標準理論として認知された。その内容を万人が理解できるよう書かれた、最も平明なインフレーション理論の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 インフレーション理論以前の宇宙像
  • 第2章 インフレーション理論の誕生
  • 第3章 観測が示したインフレーションの証拠と新たな謎
  • 第4章 インフレーションが予測する宇宙の未来
  • 第5章 インフレーションが予言するマルチバース
  • 第6章 「人間原理」という考え方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インフレーション宇宙論 : ビッグバンの前に何が起こったのか
著作者等 佐藤 勝彦
書名ヨミ インフレーション ウチュウロン : ビッグ バン ノ マエ ニ ナニ ガ オコッタノカ
書名別名 Infureshon uchuron
シリーズ名 ブルーバックス B-1697
出版元 講談社
刊行年月 2010.9
ページ数 187, 3p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257697-0
NCID BB03279572
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21829997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想