ジェット・エンジンの仕組み : 工学から見た原理と仕組み

吉中司 著

560トンの機体を、高度1万メートルの上空でマッハ0.85で飛ばすことができる究極の内燃機関ジェット・エンジン。このジェット・エンジンの原理と仕組みを工学的にわかりやすく解説するとともに、最新のエンジン開発の過程も紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 レシプロからジェットへ-ジェット・エンジン誕生の歴史
  • 第2章 より速く、より遠く-熱サイクル
  • 第3章 流れと機械のハーモニー-エンジンの主要構成要素
  • 第4章 頼れるエンジン-エンジン高信頼性ヘの努力
  • 第5章 チャンスか危機か-将来のジェット・エンジン
  • 第6章 日本の貢献

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジェット・エンジンの仕組み : 工学から見た原理と仕組み
著作者等 吉中 司
書名ヨミ ジェット エンジン ノ シクミ : コウガク カラ ミタ ゲンリ ト シクミ
書名別名 Jetto enjin no shikumi
シリーズ名 ブルーバックス B-1696
出版元 講談社
刊行年月 2010.9
ページ数 310p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257696-3
NCID BB03278922
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21824353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想