攘夷の幕末史

町田明広 著

坂本龍馬も、勝海舟も、みんな「攘夷派」だった-「尊王攘夷vs.公武合体」の定説を覆す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 幕末のイメージと攘夷
  • 第1章 東アジア的視点から見た江戸時代
  • 第2章 幕末外交と大国ロシア
  • 第3章 坂本龍馬の対外認識
  • 第4章 攘夷実行と西国問題
  • 第5章 攘夷の実相・朝陽丸事件
  • 終章 攘夷の転換と東アジアの侵略

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 攘夷の幕末史
著作者等 町田 明広
書名ヨミ ジョウイ ノ バクマツシ
書名別名 Joi no bakumatsushi
シリーズ名 講談社現代新書 2069
出版元 講談社
刊行年月 2010.9
ページ数 186p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288069-5
NCID BB03278853
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21824889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想