トクヴィル : 現代へのまなざし

富永茂樹 著

『アメリカのデモクラシー』『アンシァン・レジームとフランス革命』で知られるフランスの思想家アレクシス・ド・トクヴィル(一八〇五‐五九)。デモクラシーのもとで生じる社会と政治の変容に透徹したまなざしを向ける彼は、人間の未来をどう考えていたのか。生涯いだいていた憂鬱な感情を手がかりにして、今に生きるその思想を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 深さの肖像
  • 第1章 憂鬱という淵源-デモクラシーへの問い、自己への問い
  • 第2章 運動と停滞-平等の力学の帰結
  • 第3章 切断と連続-アンシァン・レジームとフランス革命
  • 第4章 部分の消失-分離する個と全体
  • 第5章 群れの登場-新しい社会と政治の姿
  • 第6章 形式の追求-人間の条件に向けて
  • 終章 トクヴィルと「われわれ」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トクヴィル : 現代へのまなざし
著作者等 富永 茂樹
書名ヨミ トクヴィル : ゲンダイ エノ マナザシ
シリーズ名 岩波新書 新赤版1268
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.9
ページ数 241, 4p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431268-0
NCID BB03264564
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21828467
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想