倭国伝 : 中国正史に描かれた日本

藤堂明保, 竹田晃, 影山輝國 全訳注

古来、日本は中国からどのように見られてきたのか。金印受賜、卑弥呼と邪馬台国、倭の五王、「日出ずる処」国書、「日本」国号、朝鮮半島と動乱の七世紀、遣唐使、僧侶や商人の活躍、蒙古襲来、勘合貿易、倭寇、秀吉の朝鮮出兵。そこに東アジアの中の日本が浮かび上がる-。中国歴代正史に描かれた千五百年余の日本の姿を完訳する、中国から見た日本通史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「倭国伝」について
  • 後漢書(巻八十五・東夷列伝)
  • 三国志(巻三十・魏書三十・烏丸鮮卑東夷伝)
  • 宋書(巻九十七・夷蛮)
  • 隋書(巻八十一・東夷)
  • 旧唐書(巻一百九十九上・東夷)
  • 新唐書(巻二百二十・東夷)
  • 宋史(巻四百九十一・外国七)
  • 元史(巻二百八・外夷一)
  • 明史(巻三百二十二・外国三)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 倭国伝 : 中国正史に描かれた日本
著作者等 影山 輝國
竹田 晃
藤堂 明保
書名ヨミ ワコクデン : チュウゴク セイシ ニ エガカレタ ニホン
書名別名 Wakokuden
シリーズ名 講談社学術文庫 2010
出版元 講談社
刊行年月 2010.9
ページ数 525p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292010-0
NCID BB03262241
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21822543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想