新疫病流行記 : パンデミック時代の本質

濱田篤郎 著

エイズ、エボラ出血熱、狂牛病、SARS、新型インフルエンザ、口蹄疫…。なぜ今、新しい疫病が多発するのか!感染症の歴史、新型病原体の解説を通して、疫病の本質を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 疫病の人類史(最古の感染症の記録
  • アテネの疫病の正体
  • アスクレピオスの杖 ほか)
  • 第2章 新疫病流行記(病原体の種類
  • 病原体が感染する5つの経路
  • ウィルスは真の悪者 ほか)
  • 第3章 人類への警告(50年前からの異変
  • 再興感染症を生じた油断
  • ワクチンによる武装も解除された ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新疫病流行記 : パンデミック時代の本質
著作者等 濱田 篤郎
書名ヨミ シン エキビョウ リュウコウキ : パンデミック ジダイ ノ ホンシツ
書名別名 Shin ekibyo ryukoki
シリーズ名 木星叢書
出版元 バジリコ
刊行年月 2010.8
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86238-169-9
NCID BB03254833
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21894068
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想