戦争文化論  下

マーチン・ファン・クレフェルト 著 ; 石津朋之 監訳

軍事史・戦略論の世界的権威が語り尽す。誰もが戦争に魅了される。なぜ芸術家はこぞって戦争を描き出そうとするのか。そこに真の人間の姿を見るからではないか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第4部 戦争のない世界?(平和だった時期はほとんどない
  • 大規模戦争の消滅
  • 常識が通用しない
  • ヒトはどこへ向かうのか?)
  • 第5部 戦争文化をもたぬ世界(野蛮な集団
  • 魂のない機械
  • 気概を失くした男たち
  • フェミニズム)
  • 結び 大きなパラドックス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争文化論
著作者等 Van Creveld, Martin
Van Creveld, Martin L.
石津 朋之
Creveld Martin van
クレフェルト マーチン・ファン
書名ヨミ センソウ ブンカ ロン
書名別名 The culture of war

Senso bunka ron
巻冊次
出版元 原書房
刊行年月 2010.9
ページ数 345p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-562-04595-2
NCID BB03218192
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21827951
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想