腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術の実際

大木隆生 編 ; 大木隆生 ほか執筆

保険適用がある「Zenith」「Excluder」「Powerlink」の3つのデバイスの情報を収載。手術の準備から実際の手技、デバイスの特長や癖に至るまで、詳細に解説。術中写真やイラスト、QRコードによる動画配信で、実際の手術が手に取るようにわかる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 EVERの意義と血管外科医に及ぼすインパクト
  • 2 EVARの施設基準・実施医基準とその意義
  • 3 EVAR過去、現在と展望
  • 4 EVARの治療成績
  • 5 EVARの実際-基礎編
  • 6 EVARの実際-デバイス編
  • 7 トラブルシューティング
  • 8 晩期エンドリークの治療
  • 9 Open conversion
  • 10 症例呈示

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術の実際
著作者等 大木 隆生
書名ヨミ フクブ ダイドウミャクリュウ ステント グラフト ナイソウジュツ ノ ジッサイ
出版元 医学書院
刊行年月 2010.9
ページ数 326p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-260-01134-1
NCID BB03211568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21957493
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想