東京湾再生計画 : よみがえれ江戸前の魚たち

小松正之, 尾上一明, 望月賢二 著

"築地市場の移転"や"羽田空港の拡張"など現在直面している課題と、消えゆく魚介類たちの歴史を分析し、東京湾の豊かな生態系を取り戻す具体的ビジョンを提示した海洋環境問題に取り組むための必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 江戸前の魚と築地(江戸前とは何か
  • 東京湾と流入河川
  • 江戸時代と明治時代における内湾漁業の発達 ほか)
  • 第2章 江戸前漁業小史・消えゆく江戸前の魚たち-アオギス・ハマグリ・シラウオ・ウナギ(アオギス
  • ハマグリ
  • シラウオ ほか)
  • 第3章 東京湾再生計画(はじめに
  • 東京湾と集水域の本来の自然の仕組と特徴
  • 東京湾の自然に影響する陸域・海域の事項 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京湾再生計画 : よみがえれ江戸前の魚たち
著作者等 小松 正之
尾上 一明
望月 賢二
書名ヨミ トウキョウワン サイセイ ケイカク : ヨミガエレ エドマエ ノ サカナタチ
出版元 雄山閣
刊行年月 2010.8
ページ数 207p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-639-02151-3
NCID BB03190140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21916365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想