戦略人事論 : 競争優位の人材マネジメント

須田敏子 著

「コア人材の最適な選抜と育成」「他社との同質性重視か異質性重視か」「成果主義が成功する条件」「急激で革新的な変化への対応力強化」など人事分野を取り巻く課題を乗り越え、いかにして日本企業を再び競争優位へ導くか-理論とモデルをわかりやすく取り入れ考察した新しいフレームワークを提示。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本企業が抱える雇用問題-危機を迎える日本型人材マネジメント
  • 戦略人事研究の系譜と包括的戦略人事フレームワーク
  • 包括的戦略人事フレームワークの理論的背景
  • 先進諸国の人材マネジメント比較
  • 日本型人材マネジメントの補完性タイプ
  • アングロサクソン型人材マネジメントの補完性タイプ
  • 制度社会学からの日本型人材マネジメントの分析
  • ハイ・パフォーマンス・モデル-アングロサクソン諸国で登場したベストプラクティス・モデル
  • ベストプラクティスのもうひとつの側面-人事施策の詳細・プロセス
  • 戦略人事のベストフィットモデル
  • 日本型人材マネジメントの変化のメカニズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦略人事論 : 競争優位の人材マネジメント
著作者等 須田 敏子
書名ヨミ センリャク ジンジ ロン : キョウソウ ユウイ ノ ジンザイ マネジメント
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2010.9
ページ数 326p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-532-31644-0
NCID BB03183586
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21819868
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想