精神分析臨床家の流儀

松木邦裕 著

日々の臨床から抽出された実践的な「精神分析体験」との出会い。精神分析臨床エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 精神分析臨床家とは
  • 精神分析という方法その1-設定を一定に保ち続けること
  • 精神分析という方法その2-一定の技法にとどまること
  • 分析的な好奇心
  • 語られることの中の現実と空想
  • 現実の提示は有用か:技法上の問題
  • 分析と統合
  • 身だしなみ
  • 精神分析の短期化と簡便化
  • 技法の統合、もしくは統合的アプローチについて〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分析臨床家の流儀
著作者等 松木 邦裕
書名ヨミ セイシン ブンセキ リンショウカ ノ リュウギ
出版元 金剛
刊行年月 2010.8
ページ数 218p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7724-1150-9
NCID BB03182426
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21809949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想