薬のルーツ"生薬" : 科学的だった薬草の効能

関水康彰 著

薬は人に「快」を与えます。その薬の元をたどれば90%以上は植物成分です。植物には生命を養う面と、毒の作用も備えています。この毒こそが、人体のしくみを解明し、有用な薬の開発に光明を与えました。ではなぜ、植物成分は人の心身に効果を示すのでしょうか。ようこそ、薬のルーツを探る旅へ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 植物の毒と薬-魔女は、なぜ箒に跨って空を飛ぶのか?
  • 第2章 植物と薬学の歴史-薬の歴史は生薬(薬草)発見の歴史
  • 第3章 植物の生存戦略と薬の接点-植物の自己防衛物質が薬のルーツ?
  • 第4章 植物と成分および効用-医食同源は植物がもたらす自然のちから
  • 第5章 植物と薬の本質-植物が作り出した物質が、なぜ、薬として作用するのか?
  • 第6章 植物と漢方-自然治癒力を高め、身体全体のバランスを整える複合薬とは?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 薬のルーツ"生薬" : 科学的だった薬草の効能
著作者等 関水 康彰
書名ヨミ クスリ ノ ルーツ ショウヤク : カガクテキ ダッタ ヤクソウ ノ コウノウ
シリーズ名 知りたい!サイエンス
出版元 技術評論社
刊行年月 2010.10
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-4379-8
NCID BB03153905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21808931
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想