図面の読み方がやさしくわかる本

西村仁 著

営業先で、生産現場で、仕様の議論の場で、「しっかり理解できる力」がきちんと身につく!設計者はなぜ、そう描くのか?なぜ、そう表現するのか?がわかれば、設計図は手にとるように読める。第三角法の基礎から幾何公差の読み取り方まで。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに
  • 序論 なぜ図面は必要なのか
  • 第1章 立体を1枚の紙に表すルールを学ぶ
  • 第2章 図面から立体をイメージする
  • 第3章 補助となる図法を学ぶ
  • 第4章 図面用紙の構成
  • 第5章 寸法表示を読み取る
  • 第6章 公差を読み取る
  • 第7章 表面粗さを読み取る
  • 第8章 その他の表示を読み取る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図面の読み方がやさしくわかる本
著作者等 西村 仁
書名ヨミ ズメン ノ ヨミカタ ガ ヤサシク ワカル ホン
出版元 日本能率協会マネジメントセンター
刊行年月 2010.8
ページ数 205p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8207-4663-8
NCID BB03153144
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21808753
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想