死に至る地球経済

浜矩子 著

解消されないデフレに苦しむ日本。「ギリシャ問題」で財政破綻の脅威を最初に世界にみせつけたヨーロッパ。景気の二番底を迎えようとするアメリカ。高度成長を見せつける中国。2008年9月の金融大激震「リーマン・ショック」から2年、この間の地球経済は、どのような顛末をたどり、そして今、どのような状況に到達しているのか。グローバル経済の新しいあり方を視野に入れ、現状を分析し未来を模索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ あれから二年-リーマン・ショック二周年の経済模様
  • 第1章 ピッツバーグからトロントへ-G20サミットの苦悩にみる政策主導型成長の限界
  • 第2章 ソブリン・ショックの脅威-財政恐慌がやって来る
  • 第3章 終焉間近の基軸通貨体制-通貨戦争から神々の黄昏へ
  • 第4章 再暴走か、大縮減か-リーマン後のグローバル金融はいずこへ
  • 第5章 中国は救世主になれるか-二〇世紀と二一世紀の狭間で
  • 第6章 そして日本は?-今、目指すべきこと
  • エピローグ 二つの黄昏から新たな夜明けへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死に至る地球経済
著作者等 浜 矩子
書名ヨミ シ ニ イタル チキュウ ケイザイ
書名別名 Shi ni itaru chikyu keizai
シリーズ名 岩波ブックレット no.793
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.9
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270793-8
NCID BB03149340
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21827796
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想