日米安保Q&A : 「普天間問題」を考えるために

「世界」編集部 編 ; 水島朝穂, 古関彰一, 屋良朝博, 明田川融, 前泊博盛, 久江雅彦, 半田滋 著

2009年9月の政権交代以降、普天間基地移設問題にかつてないほどの注目が集まった。しかし、日米関係の根底を規定するといわれる日米安保条約とは、そもそも何なのか?取っつきにくい安保の本質をつかむための一冊。水島朝穂・早稲田大学教授が「日米同盟」の正体を論考し、ジャーナリスト・研究者らが基本的な事柄をQ&A方式で丁寧に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日米安保を根底から考え直す-思考停止の「同盟」からの脱却
  • 第2章 日米安保を知るためのQ&A(安保って何ですか?
  • 一九六〇年の安保「改定」によって何が変わったのでしょうか?
  • 平和憲法と安保条約はどういう関係にありますか?
  • なぜ米軍基地は沖縄に集中しているのですか?
  • 安保とセットでよく耳にする「日米地位協定」とはどんなものですか?
  • 「密約」で何が秘密にされてきたのですか?
  • 思いやり予算とは、何でしょうか?
  • アメリカは日米安保をどう位置づけているのですか?
  • 新旧ガイドラインとは何を取り決めたものでしょうか?
  • 日米安保再定義の目的は何でしょうか?
  • 北朝鮮の核ミサイルに対し、安保の枠組みでどういう対応が考えられてきたのですか?
  • アフガン侵攻、イラク戦争への日本の協力は、安保によって義務づけられていたのですか?
  • 米軍再編によって日米安保はどうなるのでしょうか?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日米安保Q&A : 「普天間問題」を考えるために
著作者等 世界編集部
久江 雅彦
前泊 博盛
半田 滋
古関 彰一
屋良 朝博
岩波書店
明田川 融
水島 朝穂
書名ヨミ ニチベイ アンポ Q & A : フテンマ モンダイ オ カンガエル タメニ
書名別名 Nichibei anpo Q & A
シリーズ名 岩波ブックレット no.792
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.9
ページ数 67p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-270792-1
NCID BB03138515
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21827798
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想