矢野憲一, 矢野高陽 著

神宿る木から樟脳の船まで、信仰の対象としての、あるいは医薬品や防虫剤の原料としての人間との関わりの歴史を追って自然保護の問題にもおよぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 クス・くす・楠・樟
  • 第2章 文学や歴史にあらわれた楠
  • 第3章 民話や昔話の楠の木
  • 第4章 クスノキの利用
  • 第5章 楠の文化史
  • 第6章 楠の雑学・民俗学
  • 第7章 楠の巨木に誘われて
  • 第8章 樹木の信仰と自然保護

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名
著作者等 矢野 憲一
矢野 高陽
書名ヨミ クスノキ
書名別名 Kusunoki
シリーズ名 ものと人間の文化史 151
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2010.9
ページ数 319p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-21511-7
NCID BB03121884
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21847060
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想