なぜ、歩くと脳は老いにくいのか

久恒辰博 著

「運動により、老齢マウスの神経幹細胞の分裂は劇的に活性化する」。著者の研究グループが成し遂げたこの新発見により、早歩きなどの運動が脳の老化防止に効果がある理由の一端が解明された。本書はこのメカニズムをやさしく解説するほか、脳にいい食事・悪い食事など、科学的な脳の老化防止策を簡潔に紹介。海馬研究の第一人者である著者が、無理のない新習慣を提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 運動すると、ニューロンがたくさん増える
  • 第2章 運動はなぜ脳の老化防止につながるのか?
  • 第3章 認知症とは何か
  • 第4章 脳科学全体の枠組みからみた認知症
  • 第5章 地中海ダイエットで老化を防ぐ
  • 第6章 ソーシャル・エンゲージメントで脳を活性化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ、歩くと脳は老いにくいのか
著作者等 久恒 辰博
書名ヨミ ナゼ アルク ト ノウ ワ オイニクイノカ
書名別名 Naze aruku to no wa oinikuinoka
シリーズ名 PHPサイエンス・ワールド新書 028
出版元 PHP研究所
刊行年月 2010.9
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-77903-4
NCID BB03107850
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21812410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想