日本語教育からの音声研究

土岐哲 著

[目次]

  • 日本語音声の教育・研究の変遷
  • 教科書に見られる日本語音声教育上の記述
  • 一般音声学的視点から考える音声教育の重要性
  • 日本語音声に見られる諸現象の実態
  • 日本語リズムの研究
  • 日本語音声の縮約とリズム形式
  • アクセントの下げとイントネーションの下げの区分
  • 音声上の虫食い文補填の手掛かりとなる韻律的要素
  • 東京方言話者と大阪方言話者による同一音声資料の聞き取り結果
  • 日本語会話文の音読に見られる各地方言の韻律的特徴-弘前市生育者の場合
  • 青森県深浦方言の音声・音韻-4世代の横断的内部観察資料から
  • ミクロネシア・チュークに見られる残存日本語の音声
  • ミクロネシア、ポナペ島に残存する日本語の音声
  • 台湾先住民ヤミ族に見られる日本語音声-アミ語話者との比較も交えて
  • 音声研究と日本語教育-日本語音声教育の視座を見据えて
  • 聞き手の国際化-音声教育の将来への展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語教育からの音声研究
著作者等 土岐 哲
書名ヨミ ニホンゴ キョウイク カラノ オンセイ ケンキュウ
シリーズ名 シリーズ言語学と言語教育 第20巻
出版元 ひつじ書房
刊行年月 2010.3
ページ数 264p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89476-488-0
NCID BB03045276
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21857224
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想