バルセロナ : 地中海都市の歴史と文化

岡部明子 著

ガウディ、ピカソ、カザルスら多くの芸術家を育んだバルセロナ。地中海貿易で繁栄したこの都市は、一六世紀以降、マドリッドの中央政府から抑圧を受ける。だが一九世紀、産業が発展、セルダによる大胆な都市計画のもと独自の文化が開花し、カタルニアの中心地として独立を志向していく。本書は、スペイン国家の中で、王制、内戦、フランコ独裁を経ながら、芸術・文化・スポーツを育み、新しい「かたち」を模索する都市を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地中海交易都市の盛衰-囲壁拡張の歴史
  • 第2章 一九世紀に開花した文化芸術都市-セルダ、ガウディ、そしてピカソ
  • 第3章 待望の自治からフランコの圧政へ-共和国成立、スペイン内戦、そして独裁
  • 第4章 経済成長下の乱開発から都市再生へ-一九五〇年代〜八〇年代
  • 第5章 地中海オリンピック・シティ-FCバルセロナと一九九二年五輪
  • 第6章 「地中海圏の首都」へ-二一世紀、グローカルな文化戦略

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バルセロナ : 地中海都市の歴史と文化
著作者等 岡部 明子
書名ヨミ バルセロナ : チチュウカイ トシ ノ レキシ ト ブンカ
書名別名 Baruserona
シリーズ名 中公新書 2071
出版元 中央公論新社
刊行年月 2010.8
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102071-0
NCID BB03008418
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21838898
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想