松平信綱

大野瑞男 著

江戸前期の老中。将軍家光に仕え、知才溢れる忠勤により小姓から老中に出世する。島原の乱を鎮圧し、家光の死や由比正雪の乱・明暦の大火などの危機を乗り切り、幼君家綱を助けて幕府の確立に尽力した。川越藩主としても城下町を復興、農政にも意を用い、「小江戸」川越の基盤を築いた。その才知から多くの逸話が残る「知恵伊豆」の実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 出生そして正綱の養子
  • 第2 家光小姓から大名へ
  • 第3 武蔵忍藩主
  • 第4 島原の乱と「鎖国」
  • 第5 川越へ加増転封
  • 第6 川越藩政
  • 第7 老中として
  • 第8 家綱を補佐
  • 第9 信綱の死と余慶

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 松平信綱
著作者等 大野 瑞男
日本歴史学会
書名ヨミ マツダイラ ノブツナ
書名別名 Matsudaira nobutsuna
シリーズ名 人物叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2010.9
ページ数 302p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05258-0
NCID BB03005056
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21820308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想