ロシアの論理 : 復活した大国は何を目指すか

武田善憲 著

混乱を極めた一九九〇年代も今は昔。プーチンという強力なリーダーのもと、原油価格の高騰や国際情勢を追い風に、ロシアは復活した。国際社会と時に摩擦を起こすロシアは「脅威」なのか。その行方を分析するには、指導者たちの決断の背後にある、独特の「ゲームのルール」を見極めることが必要だ。若き現役外交官による冷静な観察は、偏見や怪しげな裏情報を排し、われわれの現代ロシア観を新たにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ロシアの見方
  • 第1章 内政-与えられた職務に専念せよ
  • 第2章 外交-多極主義と実利主義
  • 第3章 経済・エネルギー-天然資源による国力増強
  • 第4章 国民生活-「ロシア的」と「西欧的」の両輪
  • 終章 これからのロシア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロシアの論理 : 復活した大国は何を目指すか
著作者等 武田 善憲
書名ヨミ ロシア ノ ロンリ : フッカツシタ タイコク ワ ナニ オ メザスカ
シリーズ名 中公新書 2068
出版元 中央公論新社
刊行年月 2010.8
ページ数 188p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102068-0
NCID BB03004858
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21839992
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想