人は、なぜ約束の時間に遅れるのか : 素朴な疑問から考える「行動の原因」

島宗理 著

たとえば、約束の時間。私たち現代人の生活には、約束した時間通りに行動しなければならないことが数多く仕掛けられている。そして、約束の時間によく遅れる人は「だらしない」とみなされ、約束の時間を守る人は「几帳面」とみなされる。しかし、「だらしなさ」のせいで人は約束の時間に遅れ、「几帳面さ」のせいで人は約束の時間を守るのだろうか。私たちは、自分や他人の行動の原因について、日常的に「なぜ?」と問いかけながら暮らしている。本書では、そんな「なぜ?」を、描いて・視て・考える『視考術』という行動分析学に基づく手法を使って考察し、これまでとは違う角度から人間行動の本質を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 県民性・国民性を視考する-行動の『視考術』とは何か
  • 第1章 性格を視考する-人は、なぜ血液型で性格を判断しようとするのか
  • 第2章 記憶を視考する-人は、なぜ傘を置き忘れるのか
  • 第3章 道徳観を視考する-人は、なぜ公衆マナーを守れなくなったのか
  • 第4章 思考を視考する-人は、なぜ災害から逃げ遅れるのか
  • 第5章 意識を視考する-人は、なぜ騙されるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人は、なぜ約束の時間に遅れるのか : 素朴な疑問から考える「行動の原因」
著作者等 島宗 理
書名ヨミ ヒト ワ ナゼ ヤクソク ノ ジカン ニ オクレルノカ : ソボクナ ギモン カラ カンガエル コウドウ ノ ゲンイン
シリーズ名 光文社新書 476
出版元 光文社
刊行年月 2010.8
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03579-2
NCID BB03002182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21814209
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想