ドイツ詩を読む愉しみ : ゲーテからブレヒトまで

森泉朋子 編訳

古典期のゲーテから20世紀のブレヒトまで時代を経てなお輝き続けるドイツ詩50編を珠玉の翻訳とみずみずしいエッセイで贈る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前古典期から古典期の詩-十八世紀から十九世紀にかけて(愛のあいさつ-読み人知らず
  • スペイン語の歌(ゴットホルト・エフライム・レッシング) ほか)
  • ロマン派とハイネ-十九世紀前半の詩(羽ペンに力をこめるたびごとに(アヒム・フォン・アルニム)
  • 春の信念(ルートヴィヒ・ウーラント) ほか)
  • 自然主義の詩-十九世紀の詩(塔にて(アネッテ・フォン・ドロステ=ヒュルスホフ)
  • さようなら(アネッテ・フォン・ドロステ=ヒュルスホフ) ほか)
  • 十九世紀末から二十世紀の詩(静かな太陽(アルノー・ホルツ)
  • 外面生活のバラード(フーゴー・フォン・ホーフマンスタール) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ詩を読む愉しみ : ゲーテからブレヒトまで
著作者等 森泉 朋子
書名ヨミ ドイツシ オ ヨム タノシミ : ゲーテ カラ ブレヒト マデ
出版元 鳥影社・ロゴス
刊行年月 2010.7
ページ数 242p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86265-250-8
NCID BB02995586
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21799502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想