エピソードでたどるパソコン誕生の謎

岸野正剛 著

"パソコン"は誰でもが知っている。しかし、パソコン誕生には多くの驚くべきとんでもないエピソードや若者の夢から生まれた技術が含まれている。多くの電子技術はパソコンが世に出る鍵になった。マイクロプロセッサの開発もその一つだ。これなしに現在のパソコン、ケータイ、コンピュータ、そして、インターネットはあり得ない。本書は、インターネット誕生までに生まれた一見難しそうな電子技術の謎とき問答であるが、話は女子大新入生と町の物知り博士の対話の形で流れていくので、若者たちだけでなく多くの一般の読者に違和感なく受け止められるに違いない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • インターネットの生まれた経緯とパソコン誕生までのあらすじ
  • 「電気を発生させる原理」を発見したファラデー
  • 真空管の発明とエレクトロニクス時代の幕開け
  • 真空管のサイズを豆粒以下にしたトランジスタの発明
  • すべての電子部品を格納したICチップの登場:主役はキルビーとノイス
  • 電気式計算機の発明からプログラム内蔵方式への進化
  • コンピュータの頭脳すべてをICチップ(シリコン)上に載せたマイクロプロセッサ
  • 若者たちの狂気の夢から生まれたパソコン
  • マッキントッシュの誕生秘話
  • まとめおよびインターネットのその後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エピソードでたどるパソコン誕生の謎
著作者等 岸野 正剛
書名ヨミ エピソード デ タドル パソコン タンジョウ ノ ナゾ
出版元 電気学会 : オーム社
刊行年月 2010.7
ページ数 240p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88686-279-2
NCID BB0296854X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21803801
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想