秘蔵写真で愉しむ京都御所 : 宮廷の建築・障壁画

渡辺誠 著

古制の様式美を伝える殿舎、土佐派・狩野派・円山派など一流絵師による障壁画、建物と調和を奏でる庭園-。ご造営のたびに深化・昇華してきた日本美の歴史的遺産を皇室撮影第一人者の秘蔵写真で愛でる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 京都御所はなぜ人を魅了するのか?(自然と文化が満ち溢れる京都御所の魅力
  • 落ち着いた佇まいを見せてくれる京都御苑
  • 焼失と造営を繰り返した京都御所 ほか)
  • 第2部 京都御所の建築・障壁画・庭園の美(京都御所の建築美
  • 京都御所の障壁画美
  • 京都御所の庭園美)
  • 第3部 歴史の舞台としての京都御所(「即位の大礼」こそ京都御所の最大にして、最高の行事
  • 儀式関係者が語る昭和天皇の即位式
  • 一九二八年十一月十日、外国から二百七十人もの賓客が集った ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秘蔵写真で愉しむ京都御所 : 宮廷の建築・障壁画
著作者等 渡辺 誠
書名ヨミ ヒゾウ シャシン デ タノシム キョウト ゴショ : キュウテイ ノ ケンチク ショウヘキガ
書名別名 Hizo shashin de tanoshimu kyoto gosho
出版元 TAC出版事業部
刊行年月 2010.8
ページ数 126p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8132-3703-7
NCID BB0296641X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21806935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想