『教行信証』を読む : 親鸞の世界へ

山折哲雄 著

人殺しの大罪を犯したような極悪人は宗教的に救われるのか。救われるための条件は何か。親鸞自身の苦しみと思索の展開をたどりつつ、引用経典の丁寧な読み解きとともに親鸞宗教思想の核心を浮彫りに。歴史的洞察や史料論的解釈、比較論的考察を交えながら、宗教思想史に屹立する親鸞をその自然な思想的相貌において捉え、平易に叙述する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 総序-主題と目標
  • 第2章 依拠すべき原点と念仏-「教」から「行」へ
  • 第3章 難問に苦悩する親鸞-「信」1
  • 第4章 見過されてきた不幸な事実-「信」2
  • 第5章 未解決の課題-「証」から「真仏土」へ
  • 第6章 幻想の浄土-「化身土」
  • 第7章 葛藤と自覚-「化身土」から「後序」へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『教行信証』を読む : 親鸞の世界へ
著作者等 山折 哲雄
書名ヨミ キョウギョウ シンショウ オ ヨム : シンラン ノ セカイ エ
書名別名 Kyogyo shinsho o yomu
シリーズ名 顕浄土真実教行証文類 新赤版1263
岩波新書 新赤版1263
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.8
ページ数 240p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431263-5
NCID BB02935132
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21820165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想