農は過去と未来をつなぐ : 田んぼから考えたこと

宇根豊 著

イネを植えるのに、なぜ田植えって言うんだろう?田んぼの生きものを数えてみたら、5700種もいることがわかった。田んぼはイネを育てるだけでなく、多くの生きものを育てているのだ。環境稲作を提唱してきた著者が、生産者減少や食料自給などの問題を考えながら、「農」が本来もっている価値を1つ1つ拾いあげていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 私の田んぼの四季と仕事
  • 2章 子どもたちの発見
  • 3章 田んぼの生きもの調査
  • 4章 自給するのは食べものだけじゃない
  • 5章 農の価値を考えてみよう
  • 6章 「日本農業」という見方
  • 7章 農は過去と未来をつなぐ
  • 8章 風景をとらえてみよう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農は過去と未来をつなぐ : 田んぼから考えたこと
著作者等 宇根 豊
書名ヨミ ノウ ワ カコ ト ミライ オ ツナグ : タンボ カラ カンガエタ コト
書名別名 No wa kako to mirai o tsunagu
シリーズ名 岩波ジュニア新書 662
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.8
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-500662-5
NCID BB02934898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21823830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想