日本国号の歴史

小林敏男 著

七世紀後半から現在まで続く「日本」という国号は、いつ、誰が、どう定めたのか。それまで使っていた「ヤマト」「倭」から変更した理由は何か。「日本」の成立を中国や朝鮮との関係を辿りつつ探り、その意味や由来を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 国号論の提起と現在-プロローグ
  • 国号「ヤマト」と古代国家形成事情
  • 「日本」国号の成立とその事情
  • 日本国号の制定
  • 日本国号の由来
  • 戦前の研究史をふりかえる-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本国号の歴史
著作者等 小林 敏男
書名ヨミ ニホン コクゴウ ノ レキシ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 303
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2010.9
ページ数 218p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05703-5
NCID BB02934832
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21820371
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想