絶対製造工場

カレル・チャペック 著 ; 飯島周 訳

一人の男がひょんなことから、わずかな燃料で膨大なエネルギーを放出する画期的な器械「カルブラートル」を発明した。だがこの器械はエネルギーだけでなく、あらゆる物質に封印された「絶対=神」をも解放してしまう恐ろしい器械だった。やがて目に見えない絶対が世界中に溢れ、人々を未曾有の混乱に陥れる-『ロボット』『山椒魚戦争』の作者による傑作SF長編。兄ヨゼフによる挿絵付。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絶対製造工場
著作者等 Čapek, Karel
飯島 周
〓Capek Karel
チャペック カレル
書名ヨミ ゼッタイ セイゾウ コウジョウ
書名別名 Tovarna na Absolutno
シリーズ名 平凡社ライブラリー 706
出版元 平凡社
刊行年月 2010.8
ページ数 287p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76706-3
NCID BB02930343
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21815760
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 チェコ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想