湾岸産油国

松尾昌樹 著

クウェイト、カタル、バハレーン、UAE、オマーン。湾岸産油国は、驚くべき特徴に満ちている。莫大な石油収入によって、所得税はなし、教育費は無料。一人あたりのGDPが日本の二倍の国もある。一方で、「経済発展が民主化を促進する」という定説はあてはまらず、君主制が維持されたままだ。二〇〇九年のドバイ・ショックで、世界経済における影響の大きさを知らしめた「石油王が統治する金満国家」を詳細に分析、政治・経済・社会の実体に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 湾岸産油国とは
  • 第2章 国家形成への道のり
  • 第3章 レンティア国家仮説
  • 第4章 王朝君主制
  • 第5章 国民統合
  • 第6章 湾岸産油国型エスノクラシー
  • 第7章 湾岸産油国の未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 湾岸産油国
著作者等 松尾 昌樹
書名ヨミ ワンガン サンユコク : レンティア コッカ ノ ユクエ
書名別名 レンティア国家のゆくえ
シリーズ名 講談社選書メチエ 477
出版元 講談社
刊行年月 2010.8
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258478-4
NCID BB02900466
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21813306
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想