国際貢献のウソ

伊勢崎賢治 著

国際NGO、国連、日本政府を30年渡り歩いて痛感した、「国際貢献」の美名のもとのウソやデタラメとは。武装解除のプロが、国際情勢のリアルを縦横無尽に語り、日本だからこそできる国際協力のカタチを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 NGOという貧困ビジネス(NGOの三角構造
  • 国際NGOとはなにか ほか)
  • 第2章 国際協力ボランティアという隠れ蓑(国際協力ボランティアの聖域化
  • 安価な労働力としての、国連ボランティア ほか)
  • 第3章 国連というジレンマ(国連という官僚組織
  • 「内政不干渉の原則」か、「保護する責任」か ほか)
  • 第4章 ODAという無担保ローン(ODA額は多いほどいいのか?
  • 「有償援助」の何が問題なのか ほか)
  • 第5章 自衛隊と憲法九条(「抑止力」に振り回される軍隊
  • 非武装自衛隊の可能性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際貢献のウソ
著作者等 伊勢崎 賢治
書名ヨミ コクサイ コウケン ノ ウソ
書名別名 Kokusai koken no uso
シリーズ名 ちくまプリマー新書 143
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.8
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68847-7
NCID BB0288711X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21824317
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想