分かりやすい日常生活と自然の中の先端科学技術

吉野勝美 著

現代社会を支える先端科学技術は、思われているほど難しいものでなく、優しいものであり、身の回りの自然の中には至るところにそれに繋がる様々な芽がある。これを考えることがまた楽しいものであり、一寸見方を変えると非常に面白い世界の中にいることが分かることを、身の周りのことを題材として取り上げ、短く、平易に記述している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大きく変わる照明(1)白熱電球が消える
  • 大きく変わる照明(2)LEDと有機EL
  • ディスプレイ(1)主役の交代 ブラウン管から液晶ディスプレイ
  • ディスプレイ(2)薄くて、鮮やかで高速な有機ELディスプレイ
  • ディスプレイ(3)ネオンサインとプラズマディスプレイ
  • 自然に調和する究極のエネルギー源 太陽電池(1)シリコン太陽電池
  • 自然に調和する究極のエネルギー源 太陽電池(2)植物の光合成に学ぶ新しい原理の太陽電池‥有機太陽電池、色素増感型太陽電池
  • 身の回りの自然の美しさ、不思議と先端科学技術(1)玉虫、オパールの美しさとナノテクノロジー
  • 身の回りの自然の美しさ、不思議と先端科学技術(2)孔雀など鳥の美しさ、不思議とナノテクノロジー
  • 身の回りの自然の美しさ、不思議と先端科学技術(3)自然が秘めるナノ構造の凄さ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分かりやすい日常生活と自然の中の先端科学技術
著作者等 吉野 勝美
書名ヨミ ワカリヤスイ ニチジョウ セイカツ ト シゼン ノ ナカ ノ センタン カガク ギジュツ
出版元 コロナ社
刊行年月 2010.8
ページ数 218p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-339-08289-0
NCID BB02886343
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21809577
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想