現代映画思想論の行方

山田幸平 編著

[目次]

  • 第1部 理論編(ベンヤミン小論-理論史の観点から
  • 映画におけるミニマリズムのための試論 ほか)
  • 第2部 日本映画編(岡本喜八、歩くこと、走ること、転倒すること、そして、食べること
  • 『東京物語』と「映画の町」尾道-映画と観光と都市のアイデンティティ ほか)
  • 第3部 アニメーション映画編(一九六〇年代の日本アニメーションにおけるリミテッド技法の創造的進化
  • セルと3DCG-押井守『攻殻機動隊』(一九九五年)と『攻殻機動隊2.0』(二〇〇八年)にみる草薙素子の描写 ほか)
  • 第4部 外国語映画編(ウディ・アレン研究-『アニー・ホール』と『私の中のもうひとりの私』の分析
  • 一九九〇年代のアメリカ映画における「メロドラマ」の様相-『マディソン郡の橋』と『タイタニック』 ほか)
  • 第5部 映画音楽編(継承された音-日本映画のサウンド化と浪曲トーキーの構造
  • 映画音楽の二つのスタイル-オリジナル・メイン・テーマと既存曲の活用)
  • 身振りと文明-ドストエフスキイの運動イメージについて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代映画思想論の行方
著作者等 中村 聡史
山田 幸平
崔 泳喆
末永 航
朴 紀昤
松野 敬文
桑原 圭裕
橋本 淳
橋本 英治
永田 彰三
浅沼 圭司
田中 晋平
田之頭 一知
石塚 洋史
笹川 慶子
豊原 正智
赤井 敏夫
近藤 耕人
書名ヨミ ゲンダイ エイガ シソウ ロン ノ ユクエ : ベンヤミン ジョイス カラ クロサワ アキラ ミヤザキ ハヤオ マデ
書名別名 ベンヤミン,ジョイスから黒澤明,宮崎駿まで
出版元 晃洋書房
刊行年月 2010.7
ページ数 384p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7710-2156-3
NCID BB02878119
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21867834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想