西郷隆盛伝説

佐高信 著

戊辰戦争で西郷の薩摩と敵対しながら、後に『南洲遺訓』を編纂するに至った荘内藩。仇敵をも惹きつける西郷南洲の魅力とは。薩長閥に対峙しようとした奥羽越列藩同盟、明治6年政変と「遣韓論」、そして西郷に信義を誓いながら"ニセ官軍"として処刑された相楽総三と赤報隊など、史実を丁寧に省察。現代に至るも数多くの人々の敬愛を受ける稀代の傑物・西郷隆盛の伝説と真実を問う、佐高版・明治維新史の誕生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 南洲墓地に眠る荘内の少年藩士
  • 四つの南洲神社、秘史
  • 西郷隆盛、二つの系譜-安岡正篤と四元義隆
  • 西郷を憎む会津、西郷を愛する会津
  • 薩長閥政府に挑む「北方政権」の夢
  • 荘内藩と大西郷の攻防
  • 荘内藩転封騒動
  • 西郷と菅と本間郡兵衛
  • 明治六年の政変
  • 西南戦争前夜
  • 西南戦争と荘内
  • 「列外の人」、相楽総三と西郷
  • さまざまな西郷観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西郷隆盛伝説
著作者等 佐高 信
書名ヨミ サイゴウ タカモリ デンセツ
書名別名 Saigo takamori densetsu
シリーズ名 角川文庫 16377
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2010.7
ページ数 390p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-377511-8
NCID BB02877091
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21807003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想