数理的技法による情報セキュリティ

萩谷昌己, 塚田恭章 編

本書では暗号理論と数理的技法の融合による、暗号プロトコルの新しい検証手法について、基礎的な概念と主要な方法論をわかりやすくコンパクトに解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 数理的技法による情報セキュリティの検証
  • 第2章 spi計算による暗号プロトコルの記号的検証
  • 第3章 ゲーム列による安全性証明の基礎
  • 第4章 ゲーム列による安全性証明の形式化と自動化-確率Hoare論理と確率プロセス計算によるアプローチ
  • 第5章 タスク構造確率I/Oオートマトンを用いた安全性証明
  • 第6章 汎用的結合可能性による暗号システムの安全性証明
  • 第7章 識別不可能性の記号的な解析とその健全性・完全性
  • 第8章 マッピング補題-計算論的トレースから記号論的トレースへ
  • 第9章 セキュリティプロトコルの論理的検証法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数理的技法による情報セキュリティ
著作者等 塚田 恭章
日本応用数理学会
萩谷 昌己
書名ヨミ スウリテキ ギホウ ニ ヨル ジョウホウ セキュリティ
書名別名 Formal Approach to Information Security
シリーズ名 シリーズ応用数理 第1巻
出版元 共立
刊行年月 2010.7
ページ数 207p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-320-01950-8
NCID BB02866018
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21808439
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想