キラル医薬品・医薬中間体の研究・開発

大橋武久 監修

[目次]

  • 序章 キラル医薬品、医薬中間体の開発
  • 第1章 不斉合成技術の展開
  • 第2章 バイオ法によるキラル化合物の開発
  • 第3章 光学活性体の光学分割技術
  • 第4章 キラル医薬中間体開発の最前線
  • 展望 光学活性医薬品-20年の歩み

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キラル医薬品・医薬中間体の研究・開発
著作者等 大橋 武久
書名ヨミ キラル イヤクヒン イヤク チュウカンタイ ノ ケンキュウ カイハツ
書名別名 キラル医薬品・医薬中間体の開発
シリーズ名 ファインケミカルシリーズ 362
CMC TL 362
出版元 シーエムシー
刊行年月 2010.7
版表示 普及版
ページ数 270p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7813-0249-2
NCID BB02802048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21870258
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想