近代日本の都市体系研究 : 経済的中枢管理機能の地域的展開

阿部和俊 著

産業の草創期には各地にたくさんの企業ができた。多くの企業は、様々な要因で、合併や合同を繰り返し淘汰されて、1940年代には各県、各地方の1つか2つの企業に合同された。地理学の関心は、こうした企業合同がより大きな都市に存在する企業によって主導、再編された転換期はいつか、どんな社会的背景が解明されるかということだ。経済的中枢管理機能の地域的展開をみるにあたり、銀行支店網、電灯電力供給区域、新聞社の通信局網、製造業企業の支所を具体的指標として分析調査した。県庁所在都市が成長した時期はいつだろうか。地方都市の成長をさぐり、近代日本の都市体系の変遷をみる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 銀行支店網の変遷
  • 第3章 電灯電力供給区域の変遷
  • 第4章 新聞社通信局網の変遷
  • 第5章 製造業企業の支所配置の変遷
  • 第6章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の都市体系研究 : 経済的中枢管理機能の地域的展開
著作者等 阿部 和俊
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ トシ タイケイ ケンキュウ : ケイザイテキ チュウスウ カンリ キノウ ノ チイキテキ テンカイ
出版元 古今書院
刊行年月 2010.7
ページ数 144p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7722-3132-9
NCID BB02788708
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21802443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想