ハルヒin USA : 日本アニメ国際化の研究

三原龍太郎 著

インターネットは「Cool Japan」を加速し得るのか?『鉄腕アトム』以来、多数のアニメが翻訳・輸出され、熱心なファンは海外にも多く存在する。そして、2007年。ある1つのアニメが動画サイトを通じて世界を席巻した。そのキャラクターが歌い踊る動画は、世界中で視聴され、消費された…。インターネットを通じて様々な情報が伝わる現在、作品は国際市場においてこれまでとは違う扱われ方、消費を余儀なくされている。アメリカにおける2年に渡るフィールドワークに基づき、アニメにおける国際性の実態を実証的に検証するエスノグラフィ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イントロダクション(本書の議論の概要
  • 理論的背景と含意-概観 ほか)
  • 第2章 世界観・キャラクター・設定について(概観
  • 文化のグローバルデータベースから文化要素を取り込むということ ほか)
  • 第3章 「ハルヒ」の換コード化(概観
  • 理論的背景 ほか)
  • 第4章 「ハルヒ」国際化の際のインフラとしてのインターネット(概観
  • インフラとしてのインターネット-「ハルヒ」関連商品を補完する機能 ほか)
  • 第5章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハルヒin USA : 日本アニメ国際化の研究
著作者等 三原 龍太郎
書名ヨミ ハルヒ in USA : ニホン アニメ コクサイカ ノ ケンキュウ
出版元 NTT
刊行年月 2010.7
ページ数 303p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7571-4247-3
NCID BB02788548
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21800562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想