詳説第二言語習得研究 : 理論から研究法まで

白畑知彦, 若林茂則, 村野井仁 共著

近年その研究の進歩が著しい第二言語習得研究の分野で、これまでに何が研究され、何が解明されてきたのかを、分かりやすく、かつ詳細に解説する。また、どのようにデータを収集・分析し、その結果をどのように論文の形にまとめればよいのか、第二言語習得の研究方法についても紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 第二言語学習者の特性
  • 第2章 第二言語習得研究の歴史
  • 第3章 生成文法理論に基づく第二言語習得研究
  • 第4章 処理可能性理論に基づく第二言語習得研究
  • 第5章 認知的アプローチに基づく第二言語習得研究
  • 第6章 指導と第二言語習得
  • 第7章 年齢と第二言語習得
  • 第8章 第二言語習得研究でのデータ収集方法
  • 第9章 第二言語習得に関する研究論文の書き方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 詳説第二言語習得研究 : 理論から研究法まで
著作者等 村野井 仁
白畑 知彦
若林 茂則
書名ヨミ ショウセツ ダイ2 ゲンゴ シュウトク ケンキュウ : リロン カラ ケンキュウホウ マデ
出版元 研究社
刊行年月 2010.7
ページ数 292p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-327-41074-2
NCID BB02787523
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21803948
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想