8月17日、ソ連軍上陸す : 最果ての要衝・占守島攻防記

大野芳 著

昭和20年8月14日・ポツダム宣言受諾、翌15年正午・終戦の詔勅-。だが、戦争は終ってはいなかった。17日深夜、最北の日本領であった千島列島の占守島へ、対岸のカムチャツカ半島から、突如としてソ連軍の大部隊が来襲。日本軍の三日間にわたる死闘が始まった。ソ連の北海道占領は、いかにして阻まれたのか。知られざる戦争の全貌を浮き彫りにした畢生の歴史ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 油槽船の怪
  • 第2章 「玉砕の島」を経て
  • 第3章 北方の最前線
  • 第4章 第九十一師団
  • 第5章 諸刃の日ソ中立条約
  • 第6章 決戦占守島
  • 第7章 軍使は二人いたのか
  • 第8章 一犬虚に吠え、白熊貪食す

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 8月17日、ソ連軍上陸す : 最果ての要衝・占守島攻防記
著作者等 大野 芳
書名ヨミ 8ガツ 17ニチ ソレングン ジョウリクス : サイハテ ノ ヨウショウ シュムシュトウ コウボウキ
シリーズ名 新潮文庫 お-79-1
出版元 新潮社
刊行年月 2010.8
ページ数 366p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-133221-5
NCID BB02779525
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21804745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想