介護・看護の臨床に生かす知っておきたい心のしくみ : 発達とコミュニケーションの心理学

岡林春雄 著

人とのかかわりを仕事とすることは、魅力的であるとともに、現代人にとってきわめて不確定要素の多い、ストレスフルな世界です。自分自身と向き合う際、他者と接する際、発達とコミュニケーションからなる心のしくみを理解し、気づきに役立ててください。-介護・看護臨床、そして心理臨床に必要な知識と体験。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 発達には成長と衰退がともなう(発達とは
  • 人間は一生涯をかけて発達する
  • 発達と学習)
  • 第2部 コミュニケーションは相互作用(コミュニケーションとは
  • コミュニケーションによって伝達されるもの)
  • 第3部 心のしくみを知って、そして応用を!(コミュニケーション能力を高めよう-スピーチを通してのトレーニング
  • 認知症高齢者は若者とのかかわりによってどのように変容するか-対人関係の稀薄な若者との相互作用を目指して
  • 心理学の知見を応用しよう
  • 国家試験に向けて
  • 試験問題)
  • 第4部 心のしくみを構造化し、試験問題を解いてみよう!(国家試験に向けて
  • 試験問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 介護・看護の臨床に生かす知っておきたい心のしくみ : 発達とコミュニケーションの心理学
著作者等 岡林 春雄
書名ヨミ カイゴ カンゴ ノ リンショウ ニ イカス シッテオキタイ ココロ ノ シクミ : ハッタツ ト コミュニケーション ノ シンリガク
書名別名 Kaigo kango no rinsho ni ikasu shitteokitai kokoro no shikumi
出版元 金子書房
刊行年月 2010.7
ページ数 191p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7608-2353-6
NCID BB02765065
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21801624
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想