知っているようで知らない免疫の話 : ヒトの免疫はミミズの免疫とどう違う?

西村尚子 著

生物には外界からの異物を排除する機能「免疫」が備わっている。人間は言うに及ばず、細菌や植物の体内にもしっかりとした免疫の機能があるのだ。私たち生物がここまで進化できたのは"免疫のおかげ"といっても言い過ぎではない。生物進化と共に発達を続ける免疫。進化の影に潜む、免疫の姿とはいかなるものか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 都合が悪いものと、そうでもないものの区別
  • 第2章 免疫の萌芽
  • 第3章 脊椎動物の免疫
  • 第4章 明らかにされはじめた、免疫システムの分子メカニズム
  • 第5章 免疫系の暴走と破綻
  • 第6章 免疫研究が切り開くインフルエンザ・花粉症・メタボの治療

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知っているようで知らない免疫の話 : ヒトの免疫はミミズの免疫とどう違う?
著作者等 西村 尚子
書名ヨミ シッテイル ヨウデ シラナイ メンエキ ノ ハナシ : ヒト ノ メンエキ ワ ミミズ ノ メンエキ ト ドウ チガウ
書名別名 Shitteiru yode shiranai men'eki no hanashi
シリーズ名 知りたい!サイエンス
出版元 技術評論社
刊行年月 2010.8
ページ数 239p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-4334-7
NCID BB02742900
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21804949
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想