社会科学の理論とモデル  8

真渕 勝【著】

官僚の権力の源泉は何か。官僚の裁量の程度を左右する要因は何か。また官僚はどのような環境のもとで職務をとりおこなっているのか。ウェーバー以来の理論とモデルを紹介しながら官僚制の実態に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 官僚批判のなかで
  • 第1章 官僚制の権力
  • 第2章 官僚制の合理性
  • 第3章 官僚制の2つのキャリア・システム
  • 第4章 委任と裁量
  • 第5章 官僚の行動様式
  • 第6章 第一線公務員
  • 第7章 司法官僚

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会科学の理論とモデル
著作者等 真淵 勝
書名ヨミ シャカイ カガク ノ リロン ト モデル
書名別名 官僚
巻冊次 8
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2010.7
ページ数 176p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-13-034138-7
NCID BB02692325
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21847463
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
官僚 真渕勝
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想