都市鎌倉の中世史 : 吾妻鏡の舞台と主役たち

秋山哲雄 著

「都市計画に基づく難攻不落の武士の都」。このような鎌倉のイメージは正しいのだろうか。御家人の暮らし、北条氏邸宅のありか、寺院が多い理由等、中世の鎌倉の実像に迫る。従来のイメージを覆す、新しい鎌倉都市論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 鎌倉と北条氏の時代-プロローグ
  • 鎌倉の御家人
  • 北条氏の邸宅をさがせ
  • 鎌倉にお寺が多い理由
  • 都市的鎌倉、鎌倉的都市
  • 新しい鎌倉像-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市鎌倉の中世史 : 吾妻鏡の舞台と主役たち
著作者等 秋山 哲雄
書名ヨミ トシ カマクラ ノ チュウセイシ : アズマカガミ ノ ブタイ ト シュヤクタチ
シリーズ名 吾妻鏡 301
歴史文化ライブラリー 301
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2010.8
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05701-1
NCID BB02691311
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21803116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想