カチンの森

ヴィクトル・ザスラフスキー [著] ; 根岸隆夫 訳

虐殺の原因と経緯、ソ連に同調した連合国の隠蔽工作、ゴルバチョフの沈黙、歴史家の責任まで簡潔に分析する決定版。スターリン体制を象徴する事件の真相。2008年、ハンナ・アーレント政治思想賞を受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論
  • 1 ポーランド分割とポーランド市民のソ連収容所拘禁
  • 2 殺戮と追放
  • 3 階級殺戮、すなわち階級浄化
  • 4 カチンの虐殺-責任者たちを探して
  • 5 ソ連のつく嘘と西側によるその隠蔽
  • 6 ソ連の公式見解に甘んじる政治家と歴史研究者
  • 7 ゴルバチョフの沈黙
  • 8 カチン事件-歴史学と政治へのひとつの教訓

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カチンの森
著作者等 Zaslavsky, Victor
根岸 隆夫
ザスラフスキー ヴィクトル
書名ヨミ カチン ノ モリ : ポーランド シドウ カイキュウ ノ マッサツ
書名別名 Pulizia di classe

ポーランド指導階級の抹殺
出版元 みすず書房
刊行年月 2010.7
ページ数 177, 20p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07539-4
NCID BB02686956
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21800911
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想