いじめとは何か : 教室の問題、社会の問題

森田洋司 著

一九八〇年代にいじめが「発見」されて以来、三度にわたる「いじめの波」が日本社会を襲った。なぜ自殺者が出るような悲劇が、繰り返されるのか。いじめをその定義から考察し、国際比較を行うことで、日本の特徴をあぶり出す。たしかに、いじめを根絶することはできない。だが、歯止めのかかる社会を築くことはできるはずだ。「いじめを止められる社会」に変わるため、日本の社会が、教育が、進むべき道を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 いじめの発見
  • 第2章 日本での三つの波
  • 第3章 いじめとは何か
  • 第4章 内からの歯止め、外からの歯止め
  • 第5章 私事化社会と市民性教育
  • 第6章 いじめを止められる社会へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いじめとは何か : 教室の問題、社会の問題
著作者等 森田 洋司
書名ヨミ イジメ トワ ナニカ : キョウシツ ノ モンダイ シャカイ ノ モンダイ
シリーズ名 中公新書 2066
出版元 中央公論新社
刊行年月 2010.7
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102066-6
NCID BB02672044
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21820185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想