明日(あした)のテレビ : チャンネルが消える日

志村一隆 著

アメリカでは、テレビドラマは放送時間に関係なくチャットをしながらパソコンやテレビで見られて、好きな番組を集めて自分だけのマイ・チャンネルが作れる。2011年の地デジ化以降、日本のテレビも変わっていくのか?アメリカIT業界に精通する、人気専門ブロガーが解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アメリカに日本のテレビの未来が見える
  • 第2章 テレビにインターネットが合体したら
  • 第3章 日本と違う、アメリカのテレビ放送ってこんな感じ
  • 第4章 新たなテレビの見方
  • 第5章 テレビ局は何で儲ける会社になるのか?
  • 第6章 地デジ移行とモバイル放送の関係
  • 第7章 3Dにかける映画会社と家電メーカー
  • 第8章 これからどうなるテレビ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明日(あした)のテレビ : チャンネルが消える日
著作者等 志村 一隆
書名ヨミ アシタ ノ テレビ : チャンネル ガ キエル ヒ
書名別名 明日のテレビ
シリーズ名 朝日新書 248
出版元 朝日新聞
刊行年月 2010.7
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273348-1
NCID BB02670118
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21800989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想