田中角栄の昭和

保阪正康 著

田中角栄とは、いったい何者だったのか?時代によってつくられ、時代をつくりかえた政治家。大衆の欲望を充足させた、悲しき代弁者。死したのちにも強力な「遺伝子」を残した絶対権力者-。昭和史研究の第一人者が異能宰相の軌跡を検証し、歴史のなかに正しく刻印する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 記憶のなかの指導者
  • 第1章 戦わざる兵士の原風景
  • 第2章 新世代の登場と挫折
  • 第3章 権謀術数の渦中で
  • 第4章 庶民宰相への道
  • 第5章 田中内閣の歴史的功罪
  • 第6章 落城、そして院政の日々へ
  • 終章 田中政治の終焉とその残像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 田中角栄の昭和
著作者等 保阪 正康
書名ヨミ タナカ カクエイ ノ ショウワ
書名別名 Tanaka kakuei no showa
シリーズ名 朝日新書 244
出版元 朝日新聞
刊行年月 2010.7
ページ数 403p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273344-3
NCID BB02668240
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21800741
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想