浮世絵は語る

浅野秀剛 著

歌麿の遊女絵、写楽の大首絵、北斎の名所絵…。こんなにおもしろい名画の考証入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 美人画の考証(歌麿の遊女絵-喜多川歌麿「当時全盛美人揃 越前屋内唐士」
  • 清長の遊女絵-鳥居清長「雛形若菜の初模様 松葉屋瀬川」
  • 歌麿の吉原俄-喜多川歌麿「青桜仁和嘉女芸者之部 扇売 団扇売 麦つき」
  • 春信の風流-鈴木春信「文掃く美女」)
  • 第2章 役者絵の考証(写楽の大首絵-東洲斎写楽「三代目の大谷鬼次の江戸兵衛」
  • 国政の大首絵-歌川国政「初代岩井粂三郎の島原の禿わかば」
  • 初期の大々判丹絵-初代鳥居清倍「市川団十郎の竹抜き五郎」)
  • 第3章 名所絵の考証(北斎の名所絵-葛飾北斎「富嶽三十六景 凱風快晴」と「富嶽三十六景 山下白雨」
  • 広重の名所絵-歌川広重「木曾海道六拾九次之内 恵智川」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 浮世絵は語る
著作者等 浅野 秀剛
書名ヨミ ウキヨエ ワ カタル
シリーズ名 講談社現代新書 2058
出版元 講談社
刊行年月 2010.7
ページ数 252p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288058-9
NCID BB02665016
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21806619
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想